TPPの大筋

中国が大国で日本が小国であることを示唆する発言でもあった。

TPPの大筋合意は現時点で成立していない。
安倍首相は日米共同声明の発表を先送りすると発言したが、オバマ大統領の訪日中にTPP大筋合意を成立させてこれを盛り込むとの意味なのか、それとも、日米共同発表自体が実現不可能になったのか。 現時点でははっきりしない。

 全体を総括すれば、日米首脳会談で新たに明確になったことは皆無に近いということである。 TPPの最終結果を見守る必要があるが、TPPについては、拙速な対応は日本の主権者の利益に反することを明確にしておかねばならない。 現段階では、目玉が何ひとつないために、「尖閣は日米安保の適用範囲」 という言い古された言葉を、日本のメディアが懸命にニュースにしようとしているのだと思われる。

なお、阿修羅にこんな書き込みがあった、安部にこんな深謀遠慮があるなら凄いのだが(笑) 放射能汚染が心配されているところでよりによって寿司を喰わせるとは・・・。

日本の原発事故の状況は実は日本よりも海外の方がより詳細に報道されているということが良くわかる日本政府の対応だ。危機的状況、知らぬは日本人ばかりなり、ではなかろうか。

Comments are closed.