溜まる

緊張性頭痛はPC使用などによる肩こり、首こり、張りが原因の日本人に多い頭痛で、「まるでギューっと締め付けられるような激しい頭痛」「重苦しい頭痛」と言われます。
グラスファイバーで製造されたギプスは、大変丈夫で軽量な上に長く使うことができ、雨などで濡らしてしまってもふやけずに使えるという特長があるため、現在用いられているギプスの中でも定番と言われています。
内臓脂肪症候群とは言われていなかったとしても、内臓に脂肪が溜まるような悪質な肥満に陥る事によって、命にかかわるような生活習慣病を招きやすくなります。
HIV、すなわちエイズウイルスを保有する血液、精液をはじめ、女性の母乳や腟分泌液といったあらゆる体液が、交渉相手などの傷口や粘膜部分等に触れれば、HIVに感染する危険性が高くなってくるのです。
薬や酒に含まれるアルコール、化学調味料を始めとした食品添加物などの物質を酵素により分解して無毒化する作用のことを解毒(げどく)と言い、肝臓が果たしている主要な役割分担のひとつだということは間違いありません。
1回歯の周りの骨を溶かしてしまうほど放置してしまった歯周病は、多分症状自体が和らぐことはあっても、失った骨が元通りに構築されることはないでしょう。
「時間に追われているように忙しい」「うっとうしいいろんなお付き合いが嫌でしょうがない」「あらゆるテクノロジーや情報の高度な進化に付いていくのが大変だ」など、ストレスが溜まってしまう元凶は人によって異なるようです。
ポリフェノールで最も有名な特長はV.C.や脂溶性であるビタミンEなどとは異なっており、細胞と細胞の間の水溶性部分や脂溶性の部分、更に細胞膜でも酸化を予防する作用があります。
くも膜下出血(SAH)は9割近くが脳動脈瘤と言われる脳の血管にできた不必要なこぶが破裂してしまうことにより起こる深刻な脳の病気として知られるようになりました。
乳児が受ける予防接種の不活化ポリオワクチンは、現在まで採用されてきた生ワクチンに替わり、平成24年9月から厚労省が接種を推奨する定期接種となるので、病院などの医療機関で注射してもらうスケジュール管理の必要な個別接種の形に変わりました。
真正細菌の結核菌は、菌に感染した人が「せき」をすることによって室内や外気に放出され、空気中でふわふわ流されているのを別の人が空気と一緒に吸い込むことで感染していきます。
内臓脂肪が多いことによる肥満が診られて、脂質(ししつ、lipid)、塩分の過剰摂取などによる「高血圧」、高血糖(こうけっとう)のうち2項目以上該当するような様子を、メタボリック症候群と呼んでいます。
めまいが診られず、強い耳鳴りと難聴のみを何回も発症する症例のことを「蝸牛(カタツムリ)型メニエール氏病(Cochlear Meniere’s Disease)」と呼ぶような症例があるそうです。
季節病ともいわれる花粉症とは、森林の杉や檜、蓬などの大量の花粉が原因となり、クシャミ・皮膚の痒み・微熱・鼻水などの色々なアレルギー症状を呈する病気として日本人に定着しています。
BMI(体重指数を求める式はどこの国でも一緒ですが、値の評価は国家ごとに異なっていて、一般社団法人日本肥満学会(JASSO)ではBMI値22を標準体重とし、BMI25以上の場合は肥満、BMI18.5未満は低体重と広報しています。

Comments are closed.