自然解凍の後

ボイル済みの花咲ガニを食べるなら自然解凍後、二杯酢でほおばるのをお試しください。

自然解凍の後そのままではなく、火で軽く炙り食するのも言葉に尽くせません。
花咲ガニって甲羅の周りに手強い触ったら痛そうなトゲがいっぱいあって、脚は短くさらに太めという様相ですが寒さ厳しい太平洋でもまれてきたその身はプリッと張っていてたっぷりの旨味がジューシーに広がります。

甲羅にあの「カニビル」の数多く卵が引っ付いているほどズワイガニが脱皮時から時間が流れていて、ズワイガニの中身の入り具合が完璧で抜群だと理解されるのです。

カニとしては小さい品種で、中身の状況も少々少ない毛ガニだが、身は甘くしゃんとした味で、カニみそも濃い目で「かに好き」に好かれているのだと思われます。

昨今までは収穫量の半端ない位で、単純にカニと表現したら味噌汁でも美味しいワタリガニと言われているくらいどこにでもあるものでしたが、最近では水揚げ量が低落してきて、昔とは対照的に目にする事も少なくなった気がします。

Comments are closed.