目に付く一年

クリーンアップならまだしも、それ以外の打者は 何を考えてるのか理解に苦しむ。打撃コーチの指示も気になるところだった。  

投手で言えば、フォアボールの多さとカウントを悪くした時の置きに行くという相変わらずの見慣れた光景。所詮素人の私では分からない事だけど、他球団の投手と比べるとその辺の差が本当に目に付く一年だった。  それでも移籍組(人的補償の脇谷も含め)のベテランが頑張ったのはよかったと思う。
ただ、内野の声掛けの少なさ(特に生え抜きの若手)やチーム としてのまとまりがあまり感じられないシーズンだったのは本当に残念だった。この辺は特に若手野手は移籍組ベテランを見習って欲しいと思う。チーム成績が 非常に悪かったが、期待の若手がそこそこ起用されたので来季にこの経験が生きる事を願いたい。とりあえず、今年がチームの底だったと来年言えるようになれ ば今年の苦しさも少しは報われるかもしれないと思う。朝からストーブリーグ全開でした。

Comments are closed.