同じ心理

特定施設を標的とした話で、2~3ヶ月の時間を費やして趣旨を理解してもらいたいとかいうような作品を作ることが問題というのを、作り手は理解しているのかと言いたいです。

対象を特定した上で、痛みをいつかは理解してもらえるかもしれないという作品を作るというのは、ただの放火魔でしかないし、こういう心理こそが表現の暴力だと思います。
表現の自由とかいって、浮気調査 福島表現の暴力の要因が多いということが表現の自由とも言いますがwww
どこの記者か知りませんが、放火魔の朝日新聞か変態の毎日新聞のいずれかだろうなwww
この発言って、日本政府の公式見解も、南朝鮮の創作の河野談話にすら踏み込んでいないわけで、何を問題視したらいいのか分からないですよ。正直。。。
まぁ、問題視したいからこそ言ってるのと、反日連中にとって日本だけが悪人で贖罪の意識を背負って、黙って言うこと聞けよといった程度の話なんだけどかね。 この件は二日市保養所や朝鮮戦争時の問題を日本のせいに問題をすり替えてるとしか思えない一面もあるわけで、自国の悪事を日本のせいにしてるという意味での反日といったところが、反日教育の目的とも思えるんだけどねwww

Comments are closed.