自民党をぶっこわす

靖国をめぐる小泉さんの姿勢は、国の誇りや愛国のムードが好きな人々にはけっこう受けたのだろう。

また、自民党をぶっこわす、というスローガンが良かったのだろうか。
けれども、自民党の総裁がそんなことを言っても、そもそも何の説得力もない。
もし、国民が本当に自民党政治の終焉や、権力の浄化を望むならば、野党に政権交代をさせるのが議会政治の当然の筋であり、その政党の人間が自らの政党をぶっこわすなどということが、そもそも矛盾であるしできるはずもないことは、まともな人ならばちょっと考えればわかることだ。
結局、小泉さんがぶっ壊したのは、自民党内部の旧経世会の権力や基盤というだけのことであり、自民党はますます強化された。
自民党内部の権力構造が多少変わって清和会系が強くなったというだけであり、今も自民党が強力な政党であることはなんら変わらない。

かくして、とうとう私は、最初から最後まで、小泉政権が高支持率である理由が、さっぱりわからなかった。
もちろん、長い目で見れば、この時代にも何か意味はあったのかもしれない。

小泉さん個人そのものは、私も嫌いではないし、無邪気な、政治家の中ではおしゃれな、多分に魅力的な人だったのだと思う。
個人的には、魅力があって、ステキな人なのかもしれない。
私も、一度だけ、小泉さんと竹中平蔵さんの街頭演説を直接見たことがあるけれど、政策へは全く同意できなかったけれど、人間としては一生懸命で魅力のある人なのだろうと思った。

Comments are closed.