スポーツ

なるほど、まずは地味な技で体力を奪っておいて、大技でフィニッシュにつなげるわけね。

これはスポーツの要素、ショーの要素、そしてライブの要素が詰まっている。最初は「音楽フェスにプロレス?」とも思ったが、コレはアリだわ。
試合は順当に(?)渡辺選手の勝ち。

次いで第二試合はタッグマッチ。
おお、マスクマンもいるのか。キャプテンニュージャパン、いい声だww
ベテランになると見せ方が違う。技の豊富さ、力強い筋肉が躍動する。

タッグという事もあり、コンビネーションも多彩、これがプロレスかぁ。
お互いに攻め合い、見せ場を作り、最後は中邑・石井組が勝利。
さぁいよいよメインイベント、3対3のスペシャルマッチ。

スター選手の棚橋弘至や真壁刀義、オカダ・カズチカはプロレスファンならずとも知ってる知名度の高い選手。この距離で観れるとは・・普段なら結構良いお値段しますぜ。
試合前にサンボマスターと10-FEETが駆け付け花束贈呈。
試合はリングを6人の選手が入り乱れる激しい展開。

いや、試合権は一人づつなんだけどねww
そんなのはおかまいなし。場外乱闘もあり、間近まで選手が来る事も!
さすがリングサイド、そして棚橋でけぇ!!

場外でも技の応酬、あわや両者リングアウトか?というところでリングに戻り再開。
そこからは大技のオンパレード。ロープやコーナーを利用した技あり、三人でかけるコンビネーションあり。綺麗なドロップキックに汗が飛び散る。

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.